HawaiiでAirbnbを使ってみた

 

ご存知の方も多いかとは思いますが、Airbnb(エアービーアンドビー)とは世界でも有名な民泊の仲介サービスです。

Airbnbを利用すると、旅先で、家をまるごと一軒借りたり、個人のお宅のお部屋をシェアして泊まれたりと、今まで一般的だったホテルを利用した旅とは一味ちがう経験ができます。

ホテルではなく家に滞在することで、まさに”暮らすように旅する”というわけ。

ただ、今「民泊」というと、なんかトラブルが多いイメージ(騒音やゴミ捨てなど)もありますよね。

今回は初めてのハワイで初めてAirbnbを使った民泊体験をしました。

泊まるところによって印象は大きく違うとは思いますが、賛否両論ある民泊を利用してみた感想を書いておきます。

 

Airbnbを利用したわけ

普段はひとり旅の場合ゲストハウスに泊まることが多いHARUCOですが、今回のハワイ滞在ではAirbnbで民泊を利用してみました。

  • その理由としては、8泊という長めの滞在なためずっとゲストハウスのドミトリーだと気疲れするかなと思った(プライバシー守られなさそう)
  • ゲストハウスの口コミを見ていると、衛生的にちょっと心配(虫とか)
  • かといってひとりでホテルの個室だと高すぎる
  • 地元の人と交流があるのも面白そう

の4点が主なものでした。

 

そこで、今回HARUCOはこんなお部屋を予約してみました。

  • 1泊が5000円ちょっとの個室ではなくリビング滞在
  • ホストが女性で親切そう(口コミの情報から)
  • 写真でみる限り清潔でオシャレな印象
  • 場所が便利そう(ワイキキからは少し離れているけれど、カハラモールへはアクセスしやすい、バス停が近くにある)
  • 口コミ評価が全体的に高め

ホテルを選ぶ時もそうですが、Airbnbでも口コミの評価を参考にして決めました。

ただ、今回滞在したお部屋は日本語でのレビューはなく、英語のものでした。

 

実際に滞在してみた感じた良かったところ

  • ハワイでひとりでゆっくり滞在にはリーズナブルだと思う

ハワイ初体験で比較対象がないため、あくまで想像なのですが···。

 

  • 地元民になったようなエリアに滞在できる

滞在したところも、その周辺もごくごく普通の民家。

観光地泊まるだけではわからないハワイののんびりした日常を感じることができました。

地元の人が利用するコインランドリーを利用したり、ご近所さんと挨拶したりと、まさに住んでいるような感覚!

民泊ならではの醍醐味です。

 

実際滞在してみて感じたイマイチなところ

  • 場所が結構不便だった

滞在先の紹介や口コミでは便利となっていたけれど、バス移動の身では不便に感じることが多かったです。

滞在先からバス停までは歩いて10分ほどでしたが、ワイキキまで出るのにバスを途中で乗りかえる必要があり、30~40分かかりました。

帰りはバスがなかなか来なかったり、接続が上手く行かなくてそれ以上かかることも···。

地図上で見ればそんなに遠くなさそうでも、バスの利用となると直線距離で進んでくれるわけではないので勝手が違います。

オプショナルツアーなどは集合がワイキキエリアやその周辺の有名なホテルのことが多いので、集合に間に合うために朝早く家をでなければならなかったのも大変でした。HARUCOのように初めての場所で土地勘がない場合は、観光地に宿泊した方が便利そうです。

特にバスを利用する予定の方は、”地図上で近そう”には注意した方がいいと思いました。

 

  • ホストと十分にコミュニケーションが取れなかった

私の滞在先は若い女性2人がホストだったのですが、鍵の場所は事前のやりとりで連絡があったものの、数日待っても帰宅する様子がありませんでした。

滞在3日目くらいに「明日もどるから」と連絡がありましたが···。

不在なのは構わないのですが、それならそうと言ってもらえると安心するんだけどな···と思うのは私が日本人だからでしょうか。笑。

しかも、使いっぱなしの食器がシンクに置いてあり、洗わないまま数日たちそうだったので、なぜか私が洗ってあげるという意味不明な展開にもなりました。

ゴキちゃんがでるの怖いからね···。

帰ってきてからも一度挨拶したのみで、良くも悪くもあまり干渉してこないタイプの方でした。

悪い人ではないと思うので、もう少しHARUCOが英語ができたら仲良くなれたのかもしれません。

 

  • 部屋はかわいくてキレイだったけれど、キッチンやバスルームは···。

部屋は写真の通りでオシャレだし、清潔に感じました。

しかし、バスルームは、「いつ掃除したのかな?」と思うような感じ。

バスグッズも大量に無造作においてあり、どこの国の女子もこんなもんかと安心した覚えがあります。笑。

そして、先程もお話したキッチンの使用済みのお皿も清潔感という点ではちょっとね···。

ちなみに部屋で食事中大きいゴキちゃんと遭遇。

そして、キッチンにこれまた大きいゴキちゃんの死骸が転がっておりました。

虫に極端に弱いHARUCOは怯えて、夜怖くて電気が消せませんでした。

 

  • 誰もいない部屋はすごく寂しい

これまで書いた通り、ホストはHARUCO滞在の前半おらず、その後もほとんど部屋には不在で、コミュニケーションもほぼ取らない形でした。

ひとり静かな部屋で滞在するというのは思いの外寂しかったです(テレビもありませんでした)。

かといって、夜遅くまで出歩いているといくら閑静な住宅街とはいえ、なにかあると怖いですしね。

基本ひとりは得意ですが、特別何か話さなくても、たくさん人がいるゲストハウスが恋しくなりました。

 

  • お金を細かくできない

これが地味に一番苦労したかもしれません(笑)

ホテルだとフロントで細かくできるようですが、フロントのない滞在だとチップ代とバス代のことを常に気にしなければならないです。

 

Airbnb体験まとめ

Airbnbをして強く感じたのが、口コミって当てにならないんだなということ。

ほかのユーザーが言っているほど、場所が便利だとも思わなかったし、ホスピタリティも感じなかったというのが正直なところです。

ただ、この評価ってホストにも見られるから、いろいろ思っていてもあんまり悪いことは書けないんですよね···。。

Airbnbは様々な滞在先があるので今回の経験はその中のたったひとつです。

ネガティブな側面も多く書きましたが、ホテル代の高いハワイで民泊の利用を検討されている方の参考になればいいかなと思います。

HARUCOとしては、次回ハワイに来る際はひとり旅ならゲストハウスの利用、母親と一緒だったらAirbnbで一部屋まるごと借りるにチャレンジしてみたいです。

Airbnbの利用に興味を持たれた方は、登録はこちらからどうぞ。

3500円分のクーポンが貰えます(*^_^*)

 

知らないと損してます!!ポイントサイトハピタス!!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

マイラーもお小遣い稼ぎをしたい方も知らないと絶対損してるポイントサイトハピタス。

完全無料!なのに、ネットショッピングやクレジットカード作成の前にハピタスを経由するだけで手軽にどんどんポイントがたまっていきます。

HARUCOも安心して利用できているので、自信を持ってオススメしますよ!

まだ知らなかったという損してた方!今すぐ登録して得する人目指しましょう!!